読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今年飲んで美味しかった日本酒リスト

お酒

日本酒アドベントカレンダー19日目の記事担当の @yassan168 です。

www.adventar.org


今年も美味しいお酒に沢山出会えました。
毎年毎年、色々なお酒が出会えているのだけど、まだまだ美味しい酒があるので、来年も楽しみです。

何でも飲みますが、私の好きなジャンルと言えば、日本酒、芋焼酎泡盛クラフトビールになります。
今回は、その中でも日本酒だけに絞って、今年を振り返ってみます。

今年の1~12月にかけて飲んだお酒(お店の分は写真撮った分だけ)が下図になります。
f:id:yassan0627:20161218154751p:plain

今年も色々飲んだものです。
余程の事がない限り基本的に毎回違うお酒を選ぶようにしていますが、まぁ殆ど被らない。
また、お酒の選定基準は、高くても3,500円程度で、だいたい3千円弱のコスパ重視。
それと、季節のお酒または生酒が特に好きなのでよく買います(選び方については、別の機会に)。


そうやって絞っても日本にはホントに美味しい日本酒がゴロゴロしています。
実際のところ、同程度のワイン飲むより、断然美味しいお酒に出会えるので、日本酒飲む方がお得だと思います(焼酎も同様)。


全部美味しかったので全部紹介したいところですが、キリがないので、今年飲んだ中でもこれは特に美味しかったものを挙げていきます。

■但馬 特選本醸造槽しぼり 無濾過生原酒

f:id:yassan0627:20161218163807p:plain

蔵元:此の友酒造@兵庫県

城崎温泉に行った際に地元の酒屋さんで買ったお酒。
味は、新酒のフレッシュ感があるのだけど、後口は甘々じゃなくて、シャープな辛口。来年も飲みたいなぁ。

■山本 潤黒 Pure Black Yamamoto

f:id:yassan0627:20161218163448p:plain

蔵元:山本合名会社@秋田県

白瀑(しらたき)で有名な蔵元。そこのセカンドブランド。
秋田の造る蔵元集団 NEXT5の1つ。

山本はどれも美味しいのだけど、はじめて出会ったのがこれ。
この程よい甘みとフルーティさがたまらん。

■仙禽 初槽 直汲み せめ 無濾過生原酒

f:id:yassan0627:20161218163449p:plain

蔵元:仙禽(せんきん)@栃木県

仙禽の初しぼりで、その内の「せめ」。
「せめ」とは直汲みの内、一番最後になる部位となり一般的には雑味が出るのだけど、逆にまったくそれを感じさせない美味しさ。

新種の発泡感と爽やかな香りと甘さがあるけどパンチもあるし最高に美味しい。

まんさくの花 純米吟醸一度火入れ原酒 MK-X 2016

f:id:yassan0627:20161218163454p:plain

蔵元:日の丸醸造株式会社@秋田県

まんさくの花で有名な秋田の蔵元のお酒。
ワインのエチケットみたいな面構えのXが格好良いお酒。
「MK-X(Mansaku Kobo project-X)」と言うのは、通常使用しない酵母酵母X)を使った実験的なお酒。

香りが程よく味はフルーティより。強過ぎない味わいなので、食中酒にぴったり。

■月山涼夏純米吟醸

f:id:yassan0627:20161218164011p:plain

蔵元:吉田酒造株式会社@島根県

つきやまと書いて、「がっさん」と読みます。
月山の「夏吟」(夏のお酒)です。

夏らしく涼しげでとてもキレイです。

アルコール度数が15度台に落として、暑い日でも飲みやすいようにしているとの事。
夏酒らしく、爽やかな感じとフルーティ感じがたまらん。するする呑んでしまう、あかんやつです。

■新政 別誂 中取り 瑠璃2015

f:id:yassan0627:20161218163455p:plain

蔵元:新政酒造株式会社@秋田

No.6のラベルが有名で、どれもオシャレなお酒が多い新政。
このお酒は、瑠璃という名前から「ラピス」って名称で通っています。

甘みがフワッと広がっていくのだけど、後口スッキリ。
見栄えも良いのでお土産とかピッタリかも。

■荷札酒 撫子 純米大吟醸 生酒 Ver.2 27BY

f:id:yassan0627:20161218163456p:plain

蔵元:加茂錦酒造@新潟県

加茂錦で有名な蔵元のお酒。若い造り手さんで醸した別ブランド「荷札酒」で何種類かバージョンがあります。

米の味とフルティーさのバランスが抜群で、食中酒にピッタリなお酒。
すごく美味しいのでまた買いたくなるお酒。

手取川 純米大吟醸 Kasumi

f:id:yassan0627:20161218164059p:plain

蔵元:株式会社 吉田酒造店@石川県

社員旅行のオプションプランで、完全フリーにしてレンタカー借りて蔵元巡りした際に尊い人柱(ドライバー)のおかげでゲット。

今年に実験的に造ったとかで、もしかしたらコレっきりかもとか。

濁り酒特有の発泡感と程良いキレと甘さが、うまぁぁぁぁぁああい(๑✧◡✧๑)あかんやつやで〜

今年のにごり酒No.1。
来年も造らないかなぁ。

■十九ひとごこち純米吟醸〜D feat.K10〜生原酒

f:id:yassan0627:20161218164133p:plain

蔵元:株式会社尾澤酒造場@長野県

ここのお酒は、ラベルがカワイイくてオシャレなものが多いです。

華やかな香りと後口スッキリがたまらなく美味しいヽ(´ー`)ノ

■雁木純米無濾過生原酒おりがらみ秋熟

f:id:yassan0627:20161218163447p:plain

蔵元:八百新酒造株式会社@山口県

雁木(がんぎ)って読みます。
定番の純米生原酒の熟成版。

芳醇さと程よい辛口がたまらん!

■御前酒 アキヒカリ50 純米吟醸生原酒 中取り

f:id:yassan0627:20161218163452p:plain

蔵元:御前酒蔵元辻本店@岡山県

地元のアキヒカリを50%まで磨いた中取り。
新酒独特の発泡感と爽やかな香りと程よい甘みが良い感じ。
後口ものキレがあってダレ無い。あかんやつです。


もう疲れてきた。。。
最後に番外編。普段買わないカップのお酒。

■ふなぐち 菊水 一番しぼり 熟成吟醸生原酒

f:id:yassan0627:20161218163453p:plain

蔵元:菊水酒造株式会社@新潟県

会社の後輩からお土産に貰ったお酒。

缶だからって甘く見てたけど、これは美味しい!
深いコクとトロトロ感の喉越しが、酒好きにはたまらん。

熟成酒ってハズレが多いので苦手なの多いけどこれは美味しいなぁ。


以上、今年飲んで美味しかった日本酒リストでした。

PM Beginners #4.1でタイムマネジメントについてLTしてきた

PM Beginners #4.1 でLTしてきました。

pmbegginers.connpass.com

Blog  : 徒然なるPM Beginners
Linger : http://lingr.com/room/pmbeginners:pmbeginners
Hashtag: #pmbeginners

今回のテーマは「時間、タイムマネジメント」と言うことで、
日頃から悩んでいる、チームマネジメントする時間と開発する時間の使い方について、LTしました。

docs.com

日頃、チームマネジメントしながらデータ分析案件やインフラ整備などやっていますが、
チームマネジメントにかかる工数がどんどん膨れていくので、なんとかそれを最小に出来ないか色々試した話です。

Redmineのチケットは、複数バージョン指定って出来ないものなぁ。
まぁ、おそらく、思想として、期日をチケットに設定しているから、ガントチャートで見れば分かるって事なんあろうなぁ。

ただ、正直な所、割り込み案件が多いので、期日を設定するのがしんどい。
なので、実行する順番だけ簡単に分かるようにならないものかな。

チケットに予定工数だけ入れて、ガントチャートでグリグリすればOKみたいにお手軽に管理出来れば良いんだろうけど。。。
プラグインのLychee Gantt Chartなら解決できるけど有料なので、なかなか導入が難しい(-_-;)
ガントチャートでグリグリするぐらいは標準機能で入ってくれないかなぁ。

lychee-redmine.jp


発表後に色々意見を頂いたのだけど、「定時内はマネジメントして、定時後は自分のタスク」しているって人が多いって話だった。
一番分かりやすいのだけど、すべて定時内でやりたいのでどうにからなんもんか悩みどころ。
でも「定時後は自分のタスクしかしない!」って割り切るのもありだなぁ。
後は改善しながら少しずつ定時でも自分のタスクがこなせるようにしていくしか無いのかな。

気になった話

LTの @Implem さんの話が面白かった。

qiita.com


Redmineと同じカテゴリのPleasanterというソフトの開発者の方で、
Qiitaの記事をベースに見える化することの利点や大事な事を話されていました。

qiita.com


その他に、時間の見積もりの話とかリアルな現場の話があったのだけど、生々し過ぎてここには書けないw


勉強会の後は、おさかなや 魚魚権 神泉店 さんで懇親会。


お魚と日本酒が美味しい店で、更に濃い話と、入社半年でPMを目指すという珍しい(?) @expa さんのPMになるにはどうしたら良いのか話は面白かった。
f:id:yassan0627:20161015112902p:plain:w256f:id:yassan0627:20161015112908p:plain:w256

次回は、12月か11月辺りにやるらしいので、次回も楽しみです。

PM Beginners #3 で、チームのコミュニケーショについて話してきた

PM Beginners #3 で話してきた。

pmbegginers.connpass.com

Blog  : 徒然なるPM Beginners
Hashtag: #pmbeginners


PM Beginnersでは、トークやLTの数を少なくする事で、出来るだけみんなと話した内容について対話する形式となっています。
参加人数も少ないし、円卓形式の座席なので、意見を出し合うにはちょうどよい場です。

また、所属する組織も違うので、他所がどうやっているかとか自分の悩みなども話しやすいです。


今回のお題は、チームビルディングって事なので、チームビルディングに欠かせないコミュニケーショについてフォーカスし、その中でも、今、チーム内で行っている1on1について話しました。


www.slideshare.net


発表した際の意見

  • 毎週、時間設定してしまうと、気構えしてしまうので人によるのかも
  • 1on1はやっていないけど、1対1で話すのは何かあったとか気になる事があった場合くらい
  • 1on1というより、1対1で話すのは目標面談くらい
  • キャリアが近いor上のメンバの場合は、その人のキャリアパスとかよりも「事業目標」などの方が話しやすいのかも

その他の話で気になったトピック

チームのゴールをプロデュースする

  • ゴールを設定するだけでは評価され難いので、プロデュースして周りからの評価を促す。
    • ただし、演出が過ぎると、期待値が必要以上にあがるので、さじ加減大事。
  • ゴール(=目的)を決めて、マイルストーンを設定する
  • 目的は、理想でも良い(分かりやすい方がなお良い)
  • マイルストーンは、数字で設定せずに、「何をしないといけないのか?」について設定すると良い。
    • つまり、「バグ0件」とすると、何をしなければいけないのかが人によって曖昧になり、失敗しても何が失敗だったのか分からないのでフィードバックがかかりにくい。


次回は、10月なので、次回も楽しみです!

YAP(achimon)C::Asia Hachioji 2016 mid in Shinagawa(2日目)に行ってきた

7/1~7/2に行われた YAP(achimon)C::Asia Hachioji 2016 mid in Shinagawa に行ってきました。

yapcasia8oji-2016mid.hachiojipm.org

twitter: @yapcasia8oji
Hashtag: #yapc8oji

Aルーム: #yapc8ojiA
Bルーム: #yapc8ojiB
Cルーム: #yapc8ojiC
Dルーム: #yapc8ojiD (飛び入りトラック)

1日目は、社員旅行で行けなかったのがとても残念だけど、2日目は朝一から2次会までとても楽しい1日でした。

■話を聞いたセッション

#yapc8ojiB:しくじり先生 〜 アドネットワーク開発でしくじった話 by すてぃお(@yuma_iwasaki)

振り返りの話で、「必要な時に必要な機能。性能があればいい」ってところがとても納得できた。
この手の設計を一からやってるとどうしてもアレもこれもって考えがちなので、「価値を早く届けよう」って大事と改めて思いました。

後、「運用でカバー」もある程度は大事ですね。要は「頑張り過ぎない」って事かも。
ただ、「運用でカバー」はある程度、中毒性があるので、気をつけないと「最強の属人化」となってしまうので容量用法守って使わないと怖いのも確か。さじ加減大事。

#yapc8ojiA:あの日見たM-V-WhateverのModelを僕たちはまだ知らない by しんぺい a.k.a. 猫型蓄

今回一番聞きたかった話。MVWって分かるような分からないようなって状態でいつもモヤモヤする感じだったので、今回の資料はとても参考になった。

#yapc8ojiC:セキュリティテストサービスを開発運営してきた2年間 by @cakephper

外に出しているサービスは無いのだけど、「セキュリティテストサービス」っていう物が何か気になったので聞いてみた。

t.co
VAddyっていうサービスの開発と運営の話で、CIの中でセキュリティテストを常に実施するのは良いなと感じた。
また、ひとまず、フリーである程度試せるので、試しやすいなと感じた。

サービスを提供する上で、「やらないことを公開する」っていうのは、自身のサービスの軸をブレさせない為には、良い手段に感じた。

#yapc8ojiA:CPANの依存モジュールをもう少し正しく検出したい by @charsbar

依存モジュールの検出をいかに正しくやっていく為の試行錯誤の話。
いろんなモジュールの事例とともに正しく検出するがいかに難しい事。。。
いろんな書き方を許容するさすがPerlといったところだけど、これは辛いなぁと思いった(-_-;)


以降は、@karupaneruraさんの話が気になって、Dルームに行ったのだけど、面白い話が多くて、予定以上に長居していたw

#yapc8ojiD:goで作った便利ツールの話 by @songmu

@songmuさんのgoのツールの紹介。どれもgo使っているなら便利そう。
GitHub - Songmu/ghg
GitHub - Songmu/make2help: Utility for self-documented Makefile
GitHub - Songmu/ghq: Remote repository management made easy
GitHub - Songmu/retry

#yapc8ojiD:Perl5と型 by @karupanerura

Perlの型とかコンテキストの話。
綺麗にまとまっていて分かりやすかった。

スライド以外にもコード使って実際のコンテキストの解釈の違いで動きが変わる様子が面白かった。

say 0+S!;
say "S!";

あと、Devel::PeekでDumpした結果にコンテキストがどう解釈されているか見ることが出来るとは知らなかったのでとても勉強になった。

Scalar::UtilのdualvarとかもいかにもPerlらしくて面白い。

#yapc8ojiD:再演!全部見せます!"Perlで作るInfrastructure as Code" by @papix

ハッカーズチャンプルーで行ったトークの再演
https://slas.la/papix/yapc8oji

改めて「インフラのコード化」は大事だよなぁと再認識。

#yapc8ojiD:家に壁を人生に空間を

床にものを置くスペースがないなら、壁にかければいいじゃないって話。
ただ、天井が硬いか確認してからじゃないと天井が浮くので注意(-_-;)

#yapc8ojiD:続・MSについて話すの巻 by まいんだー

VSCodeの話が非常に俺得だった!
新しいVerでは、ターミナルが統合されたので、「表示>Toggle Integrated Terminal(Ctrl+@)」でターミナルがVSCodeから使えます。

また、矩形選択が、出来るようになっていた。
「ショトカがファイル>基本設定>キーボードショート」で確認できるので、この辺が矩形選択に相当します。

{ "key": "ctrl+shift+alt+down",   "command": "cursorColumnSelectDown", "when": "editorTextFocus" },
{ "key": "ctrl+shift+alt+left",   "command": "cursorColumnSelectLeft", "when": "editorTextFocus" },
{ "key": "ctrl+shift+alt+pagedown", "command": "cursorColumnSelectPageDown", "when": "editorTextFocus" },
{ "key": "ctrl+shift+alt+pageup", "command": "cursorColumnSelectPageUp", "when": "editorTextFocus" },
{ "key": "ctrl+shift+alt+right",  "command": "cursorColumnSelectRight", "when": "editorTextFocus" },
{ "key": "ctrl+shift+alt+up",     "command": "cursorColumnSelectUp", "when": "editorTextFocus" },

上記の場合だと、「ctrl+shift+alt+矢印キー」で矩形選択。
ショトカがインストールのタイミングで違うかもなので、設定を各自で確認した方が良いかも。

これでWindowsでのエディタはこれに決まった(∩´∀`)∩ワーイ

#yapc8ojiA:Webサービスにおけるキャッシュ戦略 by Yusuke Wada

キャッシュにも色々なパターンがあって、知らないことが多かったのでとても勉強になった!

#yapc8ojiA:Lightning Talks 2日目 A room

どの話も個性的で面白かった。単純に面白かったのは、@ken5owataさんの「やる夫はPerlを学ぶようです」で単純に笑った。
@cauchymさんの「新米エンジニアの育て方」は、「技術への愛がない」エンジニアをどう育てるかって話で、とてもタイムリーなので今後の参考になりました(スライド無いのかなぁ)。

■最後に

どのセッションも面白かった。
また、会場はとても快適でwifiもスイスイだしさすがMSさんです!

その後の打ち上げでは、 @cakephperさんとIPAの話で盛り上がって、今度、飲みに行く事になり、新しいつながりも出来て楽しい会でした。

さらに何人かで2次会にも参加して、色々な話を聞けたのはとても良かった。
とりあえず、Azure使ってみます!

そして、今回のイベントを企画運営したスタッフの皆さんには、とても感謝です!
とても楽しい1日でした。運営の皆さん、ありがとう&お疲れ様でした!


■スライド一覧

#yapc8ojiB:しくじり先生 〜 アドネットワーク開発でしくじった話 by すてぃお(@yuma_iwasaki)
speakerdeck.com

#yapc8ojiC:セキュリティテストサービスを開発運営してきた2年間 by @cakephper

www.slideshare.net

#yapc8ojiA:あの日見たM-V-WhateverのModelを僕たちはまだ知らない by しんぺい a.k.a. 猫型蓄
speakerdeck.com

#yapc8ojiA:CPANの依存モジュールをもう少し正しく検出したい by @charsbar

www.slideshare.net

#yapc8ojiD:Perl5と型 by @karupanerura
slasla

#yapc8ojiD:再演!全部見せます!"Perlで作るInfrastructure as Code" by @papix
https://slas.la/papix/yapc8oji

#yapc8ojiD:家に壁を人生に空間を
speakerdeck.com

#yapc8ojiA:Webサービスにおけるキャッシュ戦略 by Yusuke Wada
speakerdeck.com

redmine.tokyo 第10回勉強会に行ってきた

5/14に渋谷にある dots. にて、 redmine.tokyo 第10回勉強会 に参加したのでメモ


eventdots.jp

Redmine本体に関して

Redmineを開発している 丸山さん がいらっしゃっていたので、Redmine開発の現状が聞けて興味深かった。

Redmine使っていて見つけたバグや機能改善などは、下記により報告すると良いらしい

  • twitterでつぶやく( #Redmine タグつけると効果的)
  • Redmine本家 にチケットを作成
    • 発生した環境(OS、DB、Redminerubyrailsの種類やVer.、Redmineプラグインの有無など)を記載
    • テストコードがあるとさらに効果的(むしろ無いと厳しい)
    • 再現手順大事

また、チケットを登録する場合は、Submissions on redmine.org をよく読んでチケットを記載すると良いとのこと。

一番驚いたのは、現状、アクティブなコミッターが2人しかいないという事。

後、Redmine build status ってサイトにて、色々な環境で常時テストしている事。
これだけテストしているので、安定しているのだと納得した。
環境違いだけでなく、テストコード も沢山あった。これって、Ruby開発者ならとても参考になるのではないだろうか。

また、丸山さんはバグの修正やrails5の対応で手一杯で、新しい機能をどうこう考える余裕は1㍉も無いとか。。。

■View Customize Pluginの話

作者である @onozaty さんの話が、とても参考になった。
どうやっていじるかがこれで分かったので、これから積極的に触っていこう。

www.slideshare.net

後、 @netazone さんのView Customize Pluginの活用事例について。
細かいところだけど、効果的な事例ばかりで、すごく参考になった。

www.slideshare.net

■メトリクスの話

Redmineの作業時間を使うのはすぐに思いつく話だけど、運用にのせるのがとてもむずかしい。
ディスカッションや懇親会でも話題になったが、結局回している所は、いずれもトップダウン(-_-;)
すごかったのは、勤怠管理の1日の作業時間と一致しないと合わせるよう指示されるところもあるとか・・・(Redmineアレルギーなりそう)。

押し付けでは、適当になるだけだし結局のところ効果薄そう(実施者の自己満な感じがする)。
入力する人がポジティブな気持ちで入力してくれるような何か良い手段って無いのかなぁと思うもののなかなか思いつかない。

思いつく手段としては、、、
今日やるチケットをリスト表示して、スタートとエンドボタンで時間を計測して、RedmineにRESTで反映するとかするようなアプリでもあればまだやりやすいかも。
もしくは、ポモドーロ・テクニックと組み合わせて、1セット分計測したらリスト化済の一覧に割りつけて反映するとかってすると、生産性向上の一環として考えてもらえれば、メンバにも浸透するのではないかと妄想してみた。

また、@yohwada さんの「ソフトウェアメトリクス概要」がとても説明が細かくて、メトリクスについてとても参考になった。

t.co


メトリクスは、何か解決したい問題があったり、何か悪い事が起こる前兆を察知したりするって目的のもとに、
モデルを定義して、そのモデルに必要な各種メトリクスを選んで計測し続けて、可視化するものだと思う。

なので、あれだけ沢山のメトリクスを見たら、目的に応じたモデルの定義方法とそれに紐づくメトリクスが何かって関連性とか知りたくなってきた(どこかにまとまっていないものかなぁ)。

■まとめ

アイスブレイクでネタとして、 @akipii さんにいじってスライド紹介して頂いて嬉しかった。
今回は、得るものが多かったので、久しぶりに参加出来て本当に良かった。

後、7/30に大阪で RxTStudy をやる予定らしいです。

■補足:紹介されていた本

www.amazon.co.jp

www.amazon.co.jp


2016/05/25追記:後日、追加されたスライドを反映

吉祥寺.pm7 で話してきた

kichijojipm.connpass.com

今取り組んでいるチームの改善について、twitterでぼやいていたら @magnolia_k_ さんから「そういう時は吉祥寺.pmで相談したら良いですよ」とお誘いいただいたので、吉祥寺.pmで話してきました。


www.slideshare.net


また、こんな技話をしても良いのか迷いましたが、色々振り返りできて自分の中で整理もできて良かった。
そして、 @akipii さんが取り上げてくれたことで、色々は反響があって、とても参考になったので、発表してとても良かった(∩´∀`)∩ワーイ

forza.cocolog-nifty.com

スライドで紹介した Perlプログラミング救命病棟 は、同じ悩みのある人にはオススメなので是非読んでもらいたいです。



ここから言い訳などスタート。


テーマが、マネジメントだったので、強引なタイトルにしたので、
技術的負債の返済として、リファクタなどの話を期待した人には、申し訳なかったです。

ただ、「メンバ間での意識の共有」や「バージョン管理システム」、「CIの仕組み」も無い状態で、リファクタリングしようって言っても誰にも響かないので、まずは、環境から整えてから、本当の意味での技術的負債を返済するって流れを考えています。

なので、今回話した内容は、技術的負債の返済の延長線上にあると考えてタイトルに「技術的負債」って入れてみました。

「技術的負債の返済」という意味では、まだまだまだまだ…道半ばで、ようやくリファクタリングする準備に入っても良いかなという状態です。

そして、今度は、Perlでの製品としての一般的なコードの書き方(まともなクラスも使えていない状態なので。。。)について、取り組んで行こうと模索しているところです(ボスケテ…)。

ただ、Perlを使わない選択もあるのだけど、Perlで解決する領域は減っても、無くなることは無いです(たぶん、ログデータを綺麗にする処理や取り出しあたり)。
Perlは良い言語だと思うし、今も進化を続けるイケてる言語だと思うので、今後も使い続けます。

とは言え、Perlを使うとしんどい、データ分析については、別の手法を考えていて、別の言語(Pythonとか)や別のシステム(Apache Spark)で解決しようと試行錯誤しているところです(その辺の話は別の機会に改めて話がしたいところ)。

技術面では、相談できる人がいないので、これからはもっともっと頭を悩ますのだろうな。。。
まー、その結果、メンバや自分の技術レベルも上がるし、いいコトだらけなので、楽しみでもあります。
また、私は、「みんなで幸せになろうよ」って言葉(by 後藤隊長)が好きなので、今後もみんなで幸せになれる道を模索していきます。

吉祥寺.pm6に行ってきた

勉強会 Perl

吉祥寺.pm6に行ってきたので、気になった部分のまとめ

kichijojipm.connpass.com


■Talk1:「業務で使うPerl6」 @kaz_hiramatsu

github.com

今回一番聞きたかった Perl6の話。

  • 業務で使える程度に速度面は改善されている
  • 社内ツールあたりでPerl6を使ってみる
  • RakudoというPerl6コンパイラがある
  • Perl6のREPL使うならカーソル移動が効かないので Linenoise を入れると良い
    ks0608.hatenablog.com
  • コマンドライン引数の処理で MAINサブルーチン を使うと良い。これホンマ便利そう。
  • "1 .. *"で無限リスト生成できる。
  • Proc::Asyncでコマンドを非同期処理出来る。
    これがすごく良い。これだけのためにPerl6使いたいくらい。
    ただ、並列数の制御が出来ないっぽい。

■Talk2:「ぼんやりした大人が趣味でプログラミングを始めたら」 @note103

[http://note103.hateblo.jp/entry/2016/01/17/143231:title=

www.slideshare.net]

すごく共感出来た話が多かった。

  • プログラミングしたい人に目的なんかないとかぼんやりとした憧れとかで始めたい人もいるので、「おすすめは?」と聞かれたら返答もぼんやりで良い
    • 「とりあえず○○やってみたら」とか「教えてくれる人が得意な言語にしたら?」とか。これはすごく共感出来た。これからこの返しで行こう。
  • エラーを読まない初心者について、英語が苦手だから読めないじゃなくて、エラーの中でどこがポイントになるのかを推測出来ないので読めていない。
    • これは一番納得出来た。TOEIC 780点持ってますな新人プログラマがエラーを全然読めていないのはこれが原因かぁってなった。

■Talk3:「リダイレクトとパイプをperl5でやる」 @ks0608

speakerdeck.com

Perl5の話だが、今まで全く知らない世界だったのでとても勉強になった。

  • perl5のスレッドは使えないから、並列化する場合は、forkして複数プロセス立ち上げるのが定石
  • pipeするときに "|-" とか "-|" を使うと😄
  • App::cpmとかProclet、Server::Sterter、System::Command、Daemon::Controlとかが参考になる

■LT1:温故知新 @htk291

http://htk291.github.io/slide/kichijojipm/06/

SIerをやっていた経験はWeb業界でも役に立つこともあるよって話。

■LT2:「スライドするやつ」通称「Gotanda」作った @papix

http://gotanda.papix.net/slide/4


話している人のスライドと連動して動くツール
ホントに連動していて面白い。まだ開発版ということで、これからが楽しみ。

■LT3:(メモ忘れた…) @ippokm

プロトタイピングの話。

ProttInVision がプロトタイピングするには便利らしい

■LT4:はじめてチームに加わった話 @MarinaFukushima

インターンで、社内の書籍管理ツールの機能追加した際のいろいろな話。
新人あるある。で聞いていてありそうな話だなぁと目を細めて見てました。

スライドトップに、発表日付ではなく、誕生日を入れてつかみを取るという芸がなかなかやり手です。

■LT5:CMSPerlで遊ぼう @mahoyaya

www.slideshare.net

Joomlaの脆弱性を使って、PerlでObject injectionしてみた話。
環境作って実際に、どうなるかってところがライブで見れて面白かった。

■LT6:メモ忘れた

HTMLインジェクションのPerlネタ。


以上。


今回もとてもおもしろい話が聞けてとても良かった。
次回も楽しみです。