読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

C:\Users\ユーザ名を別ドライブに出来ないのか?

windows

2015-11-14 - やっさんメモ と関連する話。


結論:無理・゚・(ノД`)・゚・


んでは、以下、足掻いた結果です。


使用中のユーザで試すのは怖いので、新規ユーザ TESTを作成して、ログインしてすぐにログアウト。

その1:HOMEDRIVE を上書き

TESTでログイン後、PowerShellで、

> dir env:

とすると、環境変数がわらわらと出てくるわけだけど、
そこに、HOMEDRIVE と HOMEPATH が、あります。

HOMEDRIVE                      C:
HOMEPATH                       \Users\TEST

なので、「$HOMEDRIVE を別のドライブに変更したらええやん。」と考えた。
ただ、システムの環境変数を変更するのは影響度がデカすぎるので、ユーザ環境変数で定義。

ついでに、C:\Users\TEST へ向いている環境変数をすべて、別ドライブに置き換え。

APPDATA                        I:\Users\%USERNAME%\AppData\Roaming
HOMEDRIVE                      I:
HOMEPATH                       \Users\%USERNAME%
LOCALAPPDATA                   I:\Users\%USERNAME%\AppData\Local
USERPROFILE                    I:\Users\%USERNAME%

再度、TESTでログインして、PowerShell環境変数をチェックしたが、
上記で設定したユーザ環境変数は反映されていなかった。


失敗 orz

その2:$HOMEDRIVE$HOMEPATH をmklinkで別のドライブにしてしまう

事前に、下記を実行して、Administratorログイン出来るようにする。

net user administrator password /active:yes

以後は、Administratorでログインして操作。


ユーザフォルダ(C:\Users\TEST)を 別ドライブにユーザフォルダごと (I:\home\TEST)をコピー。

下記の様にして、シンボリックリンクを作成

mklink /d "C:\Users\TEST" "I:\home\TEST"

んで、TESTでログインしてみた。

しかし、ログイン時にプロファイルが正しく読めないとか警告がでて、TEMPってフォルダを C*\Users の下に作成して起動していた。。。

失敗 orz

おわりに

たぶんだけど、その1での変更をシステム環境変数で設定すれば行けるかもしれない。たぶん。きっと。おそらく。
ただ、失敗すると影響大過ぎるので恐ろしくて出来ない。

仮想PCで試しにやっても良いかもしれないが、これ以上はしんどいのでやめ。

追記

下記を見て驚愕。

agpg.seesaa.net

引用

最終的なProcess環境変数VARの値は"system->user->volatile"となる。

APPDATA、HOMEDRIVE、HOMEPATH、LOCALAPPDATA、USERNAME、USERPROFILE は、
HKEY_CURRENT_USER\Volatile Environment に定義されていたので、おそらく volatile 。

ってことは、後からバンバン変えられるから、System or User環境変数に設定したとしても
後続のプロセス(きっとOSのシステム系のexe)で上書きされるから、定義しても無駄な臭いしかしない。。。

だから、User環境変数で設定してもだめっだったのか。。。

しっかり諦めがついた。
仮想PCで開発環境作るしかないね。

Linux(CentOSとかUbuntu)がデフォルトで入っていて、Surface Pro4 と同程度のスペックのノートブックが欲しい人生だった。。。

ドキュメントやらが複数あるのだが

windows

下図の様な感じで、複数有るわけです。じゃまです。

f:id:yassan0627:20151114161702p:plain

しかも片方が空フォルダ。

・゚・(ノД`)・゚・

まぁ、原因の様なものは分かっていて、Windows7の頃に「場所」の変更で移動した事が影響しているのかなぁと。

後、Linuxの様に、homeを分離出来ないかと考えて、色々試行錯誤していたような記憶が。


実際に、%USERPROFILE% と %HOME% をechoすると、
%USERPROFILE% は、CドライブのUsersの配下にあるが、%HOME%は別のドライブに設定してる。

んで、システムのプロパティから 環境変数 を確認したら、ユーザー環境変数 にて、
%HOME%を別のドライブのフォルダへ設定していた。


また、下記のレジストリを確認して、複数あるフォルダの状況を確認(フォルダのプロパティでも分かるけどね)。

HKEY_CURRENT_USER\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Explorer\User Shell Folders

確かに、My Musicや My Pictureなどが、別のドライブのフォルダに設定していた。

ただ、そこには、%USERPROFILE%以下にMy Musicとかを指定してるものは無い。。
謎だ。誰が作ったん?

どうせ空フォルダなので邪魔だから削除(´・_・`)


まぁお行儀の悪いプログラムが、勝手に %USERPROFILE% 以下に My Music あるものだから無いならフォルダ作ってそこにぶっ込んでしまえ!って感じで作ったのかもしれないけど。

だからといって、%USERPROFILE%を別のドライブに移動してしまえば解決っぽいけど、
結局、上記のお行儀の悪いプログラムが決め打ちでファイル置いちゃうと意味ないし。。。

ならシンボリックリンクで、%USERPROFILE% を別ドライブに向くようにしても良いけど、
影響範囲がデカすぎてそんな冒険できないょ。。。

というか、あちこちレジストリ弄ったりして面倒くさそう。

Linuxの様に home は別ドライブに完全に切り出せないものかねぇ。
OSのセットアップ時で良いので、C:\Usersを別ドライブに移動出来るような機能を追加して欲しい。。。。

CentOSのgitが1.7.1で古いのでアップグレードしてみる

git メモ 開発

CentOSのgitが古いのでどうせ使うなら新しいのがいいので、最新版にアップグレードしてみた。

前提

yumのgitはそのまま
今後も出来るだけ簡単にアップデート出来るようにする

前準備からインストールまで


まずは、現状確認。

# git --version
git version 1.7.1

gitの本家からcloneしてmakeするので、必要なパッケージを先にインストール

# yum install curl-devel expat-devel gettext-devel openssl-devel zlib-devel
# yum install perl-ExtUtils-MakeMaker
# yum install asciidoc xmlto
# yum install --enablerepo=epel docbook2X docbook-utils

また、そのままだと、なぜか「docbook2x-texi」が無いと言われる。
「/usr/bin/db2x_docbook2texi」が同じものと言う事で、シンボリックリンクを作成

# ln -s /usr/bin/db2x_docbook2texi /bin/docbook2x-texi

※参考先とは、違うところにdb2x_docbook2texiがあったので、リンク張る際には確認してからが良いです。

適当な所に、clone

$ git clone https://git.kernel.org/pub/scm/git/git.git

gitのガイドを元に、make

$ cd git
$ make configure
$ ./configure --prefix=/usr
$ make all doc info

エラーが無い事を確認して問題無ければ、インストール

# make install install-doc install-html install-info

めでたくアップグレード完了。

# git --version
git version 2.6.3.362.g2c78628

gitはcloneしているので、pullしてまた、makeすれば常に最新(´∀`)bグッ

追記

docbook2Xは、EPELのものを使う必要があるので、明示するよう修正。

EPELでインストール失敗する場合は、下記でインストール。

rpm --import http://dl.fedoraproject.org/pub/epel/RPM-GPG-KEY-EPEL-6
yum install epel-release

第8回redmine.tokyo勉強会に行って来た #redmineT

redmine 勉強会

2015/05/16に行われた第8回redmine.tokyo勉強会に行って来たので、まとめてみた。

redmine-tokyo.connpass.com

Redmineによるwebサポート窓口の実装と運用』@g_maeda さん

www.slideshare.net

Redmineを使ったWebサポート窓口の運用事例。

お客様からのお問い合わせをチケットとして扱うという面白い話。

 

関西で行っている Redmine勉強会( 第8回RxTstudy : ATND )にて

Redmineによるメール対応管理の運用事例 として発表されていたのだけど、

そこでは、代表アドレスにお客様がメールを投げるとチケット発行という流れでした。

しかし、チケット番号をメールの件名に入れる事で、Redmineと連携させていたが、お客様が以前問い合わせていたメールにそのまま返信して問い合わせてしまう為、終了したチケットに再度問い合わせが来てしまうので運用として問題があった。

 

今回のお話では、webサポート窓口自体をRedmineで行う事で上記の問題をクリアしていた。

 

面白かったのは、下記の4点。

  • お客様を「非メンバー」ロールとしてしまい、ロールの設定でお客様への公開情報を上手くコントロールしている事(チケット一覧や問い合わせ以外のチケット見せないetc)
  • チケットの注記にて問い合わせ内容を進めていくので、ビジネスメールとしての長い長い無駄な前置きがカット出来るので、問題に注力出来る事
  • チケットでお客様と対話するので、経緯が把握しやすく、お互いにレスポンス良く会話が進んでいく
  • メールをやめた事で省力化(無駄な前置きカットetc)出来たが、対応にかかる時間自体は減っていない事
    →「おそらくお互いにレスが良くなったのでより密な対応が出来ているかも」との事

Redmineチューニングの実際と限界』@akahane92さん

www.slideshare.net

Redmineのチューニングについて、数字で語るお話。
とても濃い話で、すごく参考になった。
内容に関しては、ここにグダグダ書くより、スライドを見て欲しい。必見です。

会社のRemineが2.6系なので、3.0系にUpgradeしてパフォーマンスを上げたい!

 

Redmineニュース3本立て』@agilekawabataさん

Lychee Enterprise製品の紹介 と 辻村ゆりな押し の話。

 

<ニュース1>

A4サイズの400ページクラスのRedmine濃い~話が満載の本が6月末くらいに出るとの事。内容としては、大まかに下記の感じらしい。

  1. 開発者、PRJ管理者、運用管理者に分けて、それぞれにフォーカスした使い方を説明
  2. 運用事例
  3. プラグイン開発

個人的には、プラグイン開発が気になるところ。

<ニュース2>

有償化していた営業日カレンダープラグインOSS

github.com

ただし、これの高機能版をエンタープライズ版として有償化してリリースするらしい(さすが"CEO"川端さん)
OSS版は、全PRJに適用するが、エンタープライズ版は、個人やPRJ毎の設定も可能らしい。

<ニュース3>

むちゃくちゃ便利な Lychee Gantt Chart Plugin のアップグレード版が出るとのこと。
ベータ版を見たが、更新が非同期化できているのでさらに使い勝手が上がっていてとても魅力的な製品になっていた。

 

Redmine最新動向〜3.0の変更点と3.1について〜』 @naitohさん

www.slideshare.net

Redmine3系の変更点をピックアップして細かに紹介。
とても参考になる話でした。


個人的には、おもに下記が気になった。

  • 検索エンジンのパフォーマンス改善
  • wikiページのプロジェクト間移動
  • ユーザ設定で、一括してPRJやロールの設定が可能になった

@akahane92さんのチューニングの話と合わせて、早く3.0系にあげたくなりました。

 

LT『EPM Base概要』 @yohwadaさん

youtu.be

PRJの定量化を精査するのに便利そうなTool。大手SIerが興味示しそう。

PRJの状況がお手軽に可視化できるのは面白いかも。

 

LT『チケットの棚卸しウチではこうしてます』@tanaq0 さん

www.slideshare.net

チケットの棚卸の運用について。

よその会社はどうしているのか、同じ様に気になっていたので参考になった。

前の部署では、週1の進捗MTGで自己申告による報告だったので、棚卸しは個々人でやっていた。

上記のルール化はとても参考になった。

 

LT:『インターネット非接続環境で、Redmine & Subversion のインストール&設定を、Ansible を使って自動化してみた』@glad2121さん

 

www.slideshare.net

いずれはやりたいと考えていた環境構築の自動化。

chefを使おうかと考えていたけれど、Ansibleもイイネ。エージェント無しで、PythonSSHでいけるってのがすごく良い。

後、知らなかったのだけど、対話の操作を自動化する expect がすごい便利。

 

LT:『うわ、Redmineバージョンが上がった!へなちょこプラグイン開発者はどうする か?』@akiko_pusu さん

www.slideshare.net

 

プラグイン開発の流れが分かる話。手書きスライドが新鮮で面白いw

 

個人的に興味のある話だけに、すごく参考になった。

テストに関しては、人によって色々手段があって参考になる。

 

第11回RxTstudyにて、@pinzolo さんが別の方法でテストについてお話していて、こちらも参考なるので合わせて読むと良いかも。

speakerdeck.com

 

しょかん。

今回の勉強会の内容は、個人的に知りたかった事ばかりで、

ダメもとでキャンセル待ちしてた甲斐があり、とても実のある勉強会でした。

 

その後の懇親会も大盛り上がりで2次会まではいたのだけど、

3次会までやってたとは…。懇親会は気軽にいろいろなことが聞けるのでこれも面白いし、会社以外のつながりも出来て楽しい会でした。

 

スタッフの皆さん、お疲れ様でした!

 

16cmキューブ用自作冷却ファンを作ってみた

夏対策をまったくしていなかった16cmキューブが、
外出から帰ると30℃オーバーだったので、冷却ファンを付けようと検討。

市販のモノは、高い上に五月蠅そうなので、PCのケースファンを使って自作する事に。

材料
1.PCケース用ファン(静音 80mm)
 OWL-FY0825S

2.ACアダプタ(12V 1A)
近くのマルツで600円くらいで売っていた激安商品

3.上のACアダプタに合う、DCジャック

4.熱収縮チューブ

5.100均で売ってた鉄製クリップ

6.無印良品 アクリルフレーム・2 A5サイズ用

作り方は、下記を参考に作成。
12.冷却ファン〜誰でも作れて“とにかく安い”DIY〜

順調に、冷却ファンを作ったのですが、、、
上記ページを参考に作成して、水槽に直接クリップで止めると、水面にほぼ風が当たらない。。。


エエエエェェェェ(゜Д゜;)ェェェェエエエエ


さて、どうしよう。。。

辺りを見渡し、使えそうなものを探す。。。無印のアクリルフレームが、、、、


コレダ─wwヘ√レvv〜(゚∀゚)─wwヘ√レvv〜ー!!

アクリルフレームの上にファンを固定するとちょうど良い高さに♪
角度がいまいちだったので、鉄製クリップをプライヤ使って曲げ曲げ。

ただ、、、バランスが悪いので場合によっては、アクリルフレームに重しか何かして倒れないようにする必要有り。

前から見た図

上から

完成Σd(・ー・)

静音ファンなので、殆ど音が無し。
見た目は悪いけど、我慢できる範囲。

あー、逆サーモがいるなぁ。何買おうかな。。

いじょ。